2012年10月24日

沖縄の常識、ウソ?ホント?

だいぶ朝晩が涼しくなってきました。

でも昼間は暑くて日傘は手放せません(´Д`)


さて、今日は先日教えてもらった

地元の人との交流で知ったホントの沖縄について少し書こうと思います。


【沖縄の常識1】

「沖縄は米軍に土地取られちゃって、元いた住人は本当にかわいそう!

一刻も早く土地を取り戻さなければ」


【実は…1】

土地を接収された地主には国(日本)からちゃんと手当が出ているそうです。

中には、保証金だけで年収何十億にもなる人がいるとか!?


【沖縄の常識2】

「ウチナーンチュだったら基地は絶対反対!

もちろんこないだの県民大会にはみんな参加してるでしょ?」


【実は…2】

上記などより、基地がなくなると困る人はたくさん。

県民大会?そんなのカンケーねぇ~ってテニスしてたウチナーンチュも。



【沖縄の常識3】

「オスプレイは危険!基地の近くの住人のことも考えて」


【実は…3】

たしかにオスプレイは危険度は高いかもしれません。

ただし、基地の近くの土地は終戦後、非常に安く売り出されたそうで、

基地の近くであることを分かってあえて買い求めた人がいたことも事実。

そんな危険は想定外だった?



…そうすると一体、沖縄のメディアを連日賑わせている

オスプレイ反対、基地反対、集会などは一体誰が何のために?

という疑問が湧いてきそうです…


原発事故の日本の大ウソを目の当たりにした今、

沖縄の常識とされることにも

鵜呑みにせず、真実を見出したいものです。



タグ:移住 沖縄
posted by 来未恵 at 00:00| Comment(0) | 沖縄でのあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。