2012年10月23日

ニッポンの嘘、見てきました

先日、避難つながり友人とニッポンの嘘を見てきました。

いまも現役で活躍する90歳の報道写真家のドキュメンタリー映画。

広島の原爆投下から始まり、安保闘争、水俣病、福島原発事故まで、

教科書で習う歴史がいかにウソっぱちだったかを突きつけられるような内容でした。

沖縄に関していえば、基地がらみの様々な問題が

今まで放置されてきた理由もなんとなく分かるような気がしました。

実際に住んでみて沖縄の現状が分かるにつれ、

幸か不幸か、福島の行く末も見えてしまうのです。

沖縄の人にもぜひ見てほしい映画かも。

桜坂劇場


ところで最近、

3.11後も今までどおりの生活をしていた関東の友人が

咳がよく出るとのこと。

夏に遊びに来た友人も空咳してたっけ。

もともとアレルギーなどもなく、かなり健康な人たちなので

1年半ほどのキャパがあったということなのか…と。

(私は事故後3ヶ月ですでに咳が出ていた)


それがいいとか悪いとか、

もうそんなことを言う時期は過ぎてしまったし

私も含め、みんな自分で今の状況を“選んで”いるわけだから、

いまさら仕方ないですが…

やっぱり、3.11以前に戻れたらどんなにいいだろう~~と思ってしまうのです。


…なので、今できることは全力でやっておかなければ。

(というわけで、まずはアドバンス取得。台風のせいでまだ取れてない^^;)

タグ:移住 沖縄
posted by 来未恵 at 00:00| Comment(0) | 沖縄でのあれこれ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。