2012年08月28日

過去最大級の台風15号が過ぎて

過去最大級と騒然となった台風15号、

沖縄ではケガ人が数名いたようですが特別大きな被害もなかったようで

ほっとしています。

今回はマスコミが「過去最大級!!」と全国に連呼しまくったおかげで

被害も最小限に収まったのではないかと思うのです。


お年寄りたちは早々に避難所に退避して安全を確保したようですし、

公共交通機関は全線ストップ、

水族館や首里城などの観光地も休館して

否応なしに外出できない状況でした。


また、NHK沖縄局では

「窓は飛散防止のため、ガムテープなどで補強してください」

「浸水しないよう、窓などの隙間を埋めてください」

「不要な外出は控えてください」

という内容の文字がデカデカと映し出し、注意を喚起しました。


今回わかったことは、

“過去最大級”という超センセーショナルな表現であっても

決して人々にパニックを引き起こしたりはしなかった


ということです。


もともと日本人は、そういった事前の注意喚起によって

慎重に最善の対策を取るのは得意なんでしょう。

(そうでなければ世界最強の耐震構造の建物なんて作れないだろうし)



そして、気象予報士の森田さんのブログではこんなコメント。


命を守るために、皆さんができ得る限りの

精いっぱいの警戒をしてください。


by チーム森田のお天気で斬る!


…3.11の時だってそう言うべきでした、よね?????



(韓国ではこの台風で死者がでてしまったようです><ご冥福をお祈りします)




タグ:天気 沖縄
posted by 来未恵 at 00:00| Comment(0) | 沖縄の天気 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。